燻製といえばベーコン。
しかしベーコンって1週間もかかる難易度の高い燻製です。
そこで日数を少なくしてベーコンを作ってみました。
簡易版ベーコンのレシピです。

【工程】
漬け込み :24時間
塩抜き  :1,2分
乾燥   :3時間
燻製    :60分(60℃~70℃)
難易度  :★★★

【材料】
豚バラ :500g
マジックソルト :10g




近くのスーパーで豚バラの塊を購入。
どこのスーパーでも売っています。
グラムによって値段が異なるのですが、計算しやすい500gに近い豚バラを買いました。
豚バラ_燻製ベーコン

豚バラをフォークで突き刺し小さな穴を無数にあけます。
肉が塊で大きいので、味が中までなかなか染込みません。
染込みやすいように裏表サイド全てに穴をあけした。
豚バラ_燻製ベーコン

マジックソルトで味付けです。
マジックソルトは100均で購入。
今回は豚バラ500gに対して2%の10g。
マジックソルトの容量が20g。
ちょうど半分なので目分量でいけます。
振りかけては揉みこみ、振りかけては揉みこみ、
裏表左右まんべんなく擦り込みます。。
豚バラ味付け_燻製ベーコン

十分に揉み込んだらキッチンペーパーに包みます。
塩に漬け込むと水分がでるので、吸収させるためのキッチンペーパーです。
豚バラキッチンタオル_燻製ベーコン

雑菌が入らないように空気を抜きながらラップで包みます。
あとは冷蔵庫に入れて24時間の塩漬け。
時々引っ繰り返すことで均等に塩が染込むようにします。
豚バララップ_燻製ベーコン

24時間経った豚バラです。
ちょっとだけ色が変わってますかね。
豚バラ塩漬け_燻製ベーコン

表面を水洗いします。
本来なら流水にさらして塩抜きするのですが、今回は漬込み期間が少ないので不要です。
流水で表面を軽く流す程度くいらいの感覚で洗います。
ポイントやりすぎると塩分が抜け過ぎます。
豚バラ塩抜き_燻製ベーコン

洗った後の豚バラです。
買った時と同じ色合いでしょうか。
24時間なんてそんなものか。
豚バラ乾燥_燻製ベーコン

燻製器をセットします。
豚バラは脂肪が多く熱されると脂が溶けだします。
チップに脂が垂れて煙が消えないように、チップの上にアルミをおきます。
チップは肉に合うサクラにしました。
豚バラ燻製器_燻製ベーコン

燻製器に豚バラをセットします。
大きいので半分に切りました。
60℃から70℃でじっくりと3時間燻製にします。
写真を撮り忘れましたたが、多くの脂が垂れていたので、アルミを敷かないと煙が消えてたかもです。
豚バラ燻製_燻製ベーコン

燻製の完成です。
見た目はベーコンといより豚バラそのものですw
簡易ベーコン_燻製ベーコン

切ってみました。
長時間燻したので、中まで火が通っています。
簡易ベーコン_燻製ベーコン

厚切りにしてカリカリに焼いて食します。
塩分が少なく、流水で洗い過ぎたことを反省。
うまし
しかしベーコンというより、豚バラの燻製風味かな。
チャーショーの燻製ともいえるかなw

1週間塩漬けしないとベーコンにはならないみたいです。
ベーコンは作るの大変なんですね。

ただ美味しいのは美味しいです。
ベーコンではなく豚バラの新しい食べ方。。
あと手軽ということを考えればアリだと思います。